Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

PLAN(間取)

参考になる間取り#6「ブランコリーヌアトラス荻窪三丁目」

更新日:

丸い部屋とルーフバルコニー

2LDK/72.91m2
2LDK/72.91m2

「デザイナーズマンションという言い方はそろそろやめたほうがいい」。ある著名建築家は本誌のインタビュー記事でそう語った。7、8年前くらいだっただろうか。定義も使われ方も無秩序ながら、一般ユーザーからは高い関心を集めるといアンマッチな現象が続いていたころのことだ。それはデベロッパーがグッドデザイン賞のエントリーに注力しはじめたころでもあった。
 デザインの論議は別の機会に譲るとして、マンションのデザインが着目されはじめたターニングポイントはいつか。もし「デザイナーズマンション第一号はどれ?」と問われたら、躊躇なくこの1棟を挙げるだろう。
 「ブランコリーヌアトラス荻窪三丁目」。間取りはおろかほとんどの住戸の形そのものが異なる。各玄関へのアプローチもエレベーター、階段、パティオを横断、と規定されない。「プランB」は、ドーム型のリビングダイニングが特徴。ほとんどが開口部である。円形の空間は「高原の美術館にでもいるような、そんな錯覚を起こさせます」と図面集に書かれている。が、丸い空間は美術館くらいしか存在しないからであって、その感覚を正確には言い得ていないようにも思える。つまり、「これぞ未曾有の住空間」ということか。
 さらにこの間取りの特長を語る上で、外すことのできないのが南に広がるルーフバルコニー。植裁のスペースも含め、11坪以上もの広さがある。
「ありきたりな家には、ありきたりな暮らししか宿らない」。これは家づくりをテーマにした映画で、建築家が施主に向かって発したセリフ。こんな図面を眺めていると、つい思い出してしまうワンシーンである。

資料提供:旭化成不動産レジデンス

一戸建て感覚の四面採光
LD壁は半分以上が開口

このラウンド部分はマンションの中庭(パティオ)のほぼ中央に位置している。ちょうど、個性的な棟の象徴のような存在だ。270°円形の空間を前に、「家具はどこに置けばいいの?」という固定観念を払拭しなければ、住みこなすのはちょっと難しいかもしれない。

杉並区荻窪3丁目。JR中央線「荻窪」駅から徒歩10分。現地周辺は建ぺい・容積率が50%:100%に指定された閑静な第一種低層住居専用地域。“戸建て街に相応しいマンションを”をコンセプトに建てられた。周囲と軒を合わせるため、敷地目一杯に壁を膨らませ、中庭をたっぷりと設けている。地上3階建て、総戸数は21戸。分譲は旭化成ホームズほか。設計はアーキテクツオフィス。施工は清水建設。1996年竣工。

-PLAN(間取)

Copyright© 【プロ厳選】注目のマンション 2019 , 2019 All Rights Reserved.