Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

PLAN(間取)

参考になる間取り#1「クロイスターズ広尾」

更新日:

充実のプライベートタイム

4LDK/241.10m2

4LDK/241.10m2

「良い間取りの条件を、ひとつ挙げよ」マンションづくりに携わる人たちに、もしもこんなお題が出されたとしたら。おそらく、最も多いと思われる答えは、「P・P(プライベート・パブリック)分離」ではないだろうか。私的な空間(Private)と人が集まる場所(Public)とを振り分け、プライバシーを守りながらも、気兼ねなくお客さんを招くことのできる利点があるからだ。
そこで、そのお手本のような例はないかと選んだのが上の図面。「クロイスターズ広尾」F1タイプ。細部にわたって丁寧に作りこまれた、じつに見応えのある間取りである。ここではそのマスターベッドルーム(主寝室)に焦点をあててみよう。特大のウォークインクローゼットの隣には在来工法でしつらえた浴室や洗面室が用意された。ジャクソン(浴槽)の上には大きな内開きの窓。洗面室にも明り取りがあって、気持ちの良さそうな空間だ。
畳数もたっぷりあるから、イメージは自ずと広がる。壁にテレビを掛けてミニシアターに興ずるもよし。書斎コーナーを設け読書に耽るもよし。風呂上りの一杯を楽しむためにミニバーを置くのもいい。そんな家主の長居を想定した設計者は、あらかじめインターホンの親機をこの部屋にもセットした。
プライベートな時間が、ひと間で完結できるなら、リビングダイニングに置くべき家具は最小限で済む。おかげでお客さんを招き入れるパブリックゾーンは、すっきりとした、シンプルで落ち着きのある空間に仕上げることができる。高級マンションに目の肥えた人たちが、なぜマスターベッドルーム(主寝室)にこだわるのか。理由はおそらくそんなところにあるのだろう。

資料提供 鹿島建設

極め尽くされた空間で静かな心地良さに浸る
ライムストーンとカーペット仕上げの床。洗面カウンターは天然石削り出しである。薄く二段に折り上げたリビングの天井。窓や隠蔽型エアコンの吹き出し口はシンメトリに配置。簡素に抑えた装飾が上質な素材を一層引き立て、空間には驚くほどの静寂感と極上の心地よさが漂う。

<クロイスターズ広尾>
渋谷区広尾2丁目。東京メトロ日比谷線「広尾」駅から徒歩8分。尾根づたいを南北に走る「日赤通り」に面す。都心では珍しい3階建ての低層マンション。全戸南向きで、専有面積は150㎡以上。総戸数はわずか17戸。“知る人ぞ知る”物件である。分譲・施工、鹿島建設。設計はアーキサイトメビウス。2004年竣工。

著書「住み替え、リフォームの参考にしたいマンションの間取り(『都心に住む by SUUMO』 連載企画 【間取りに恋して】再編)」より転載

-PLAN(間取)
-

Copyright© 【プロ厳選】注目のマンション 2020 , 2019 All Rights Reserved.