不動産市況や購入ノウハウをわかりやすく解説するサイト

Fact Stock(ファクトストック)

ニュース

22年1月人口、22の区で減少

投稿日:

東京都の発表によれば、

2022年1月1日時点(2021年12月中の人口増減)で東京23区人口は、
8,508人減少した。

北区を除く22の区で減少したが、これは、
・すべての区が減少した 2021年3月1日時点(2021年2月中の変化)、
・中央区以外の区が減少した 2020年10月1日時点(2020年9月中の変化)、
・同じく中央区以外の区が減少した 2020年9月1日時点(2020年8月中の変化)以来で
減少する区が多かった月になります。

最も減少幅が大きかった区を順に並べると
1.大田区  ▲1,044人
2.江戸川区  ▲813人
3.世田谷区  ▲812人
4.新宿区  ▲677人
5.杉並区  ▲616人

次に、日本人の減少幅が大きかった区を順に並べると
1.大田区  ▲940人
2.世田谷区  ▲787人
3.江戸川区  ▲725人
4.杉並区  ▲496人
5.板橋区  ▲407人

となり、また外国人の減少幅が大きかった区を順に並べると
1.新宿区  ▲351人
2.港区  ▲240人
3.豊島区  ▲187人
4.中野区  ▲148人
5.練馬区  ▲136人

となります。

2021年の累計でみてみると、23区全体で49,891人の減少となり、増加したのは3区のみで
1.中央区  836人
2.墨田区  77人
3.台東区  62人

ちなみに、最も減少幅が大きかった区を順に並べると
1.江戸川区  ▲6,384人
2.大田区  ▲4,969人
3.世田谷区  ▲4,164人
4.新宿区  ▲4,009人
5.豊島区  ▲3,958人

となります。

日本人の減少幅が大きかった区を順に並べると
1.江戸川区  ▲4,856人
2.大田区  ▲3,949人
3.世田谷区  ▲3,028人
4.目黒区  ▲2,640人
5.杉並区  ▲2,269人

同様に、外国人の減少幅が大きかった区を順に並べると
1.新宿区  ▲3,920人
2.豊島区  ▲2,258人
3.中野区  ▲2,050人
4.港区  ▲1,789人
5.板橋区  ▲1,591人


noteおすすめ記事
★★★★★「不動産が持つ3つの特質」さえ理解しておけば、後々役立つかもしれません
★★★★★マンションの価値とそれを定める4つの座標軸
★★★★★これから要注意の間取りは「70m2・3LDK・中住戸」

-ニュース

Copyright© Fact Stock(ファクトストック) , 2022 All Rights Reserved.