不動産市況や購入ノウハウをわかりやすく解説するサイト

Fact Stock(ファクトストック)

不動産会社 市況

阪急阪神リート投資法人 2021年11月期決算短信

投稿日:

2022年1月21日公表

営業収益は5,706百万円(前期比+0.4%)、
当期純利益は2,022百万円(同-3.3%)でした。

一口当たり分配金は、2,909円で前期(3,008円)より99円下がりました。
2022年5月期予想は、2,920円(2021年11月期比で+11円)、
2022年11月期予想は、2,940円(2022年5月期予想比で+20円)と発表しました。

実績分配金利回りは、※約3.9%となっています。
※2期分の分配金実績を2020年12月1日~2021年11月30日1年間平均値(百円未満四捨五入)で割った値

NAV倍率は0.89倍(2022年2月1日時点)

総資産は、1,717.81億円です。

借入金は694億円。固定金利で0.9%以上の融資が18件あり、うち14件が2022年中に完済を迎える。

稼働率は99.5%(2021年12月31日時点)ポートフォリオの78.4%が中部・近畿地区、20%が主要5区で、東京圏の稼働率が下がる傾向がある。

<データ出典>
阪急阪神リート投資法人公式HP
不動産投信情報ポータル


noteおすすめ記事
★★★★★「不動産が持つ3つの特質」さえ理解しておけば、後々役立つかもしれません
★★★★★マンションの価値とそれを定める4つの座標軸
★★★★★これから要注意の間取りは「70m2・3LDK・中住戸」

-不動産会社, 市況

Copyright© Fact Stock(ファクトストック) , 2022 All Rights Reserved.