不動産市況や購入ノウハウをわかりやすく解説するサイト

Fact Stock(ファクトストック)

PLAN(間取) ニュース 基礎知識

タワーの角をみればわかる、眺望のための工夫

投稿日:

最近のタワーマンションでは少ないと思いますが、2000年前後に設計施工されたタワーマンションはプランの差が明らかでした。

下の間取りは、湾岸エリアのマンション供給過多時代(今もそう?)「シーサウス ブランファーレ」の角住戸。鹿島建設が事業主・設計・施工。柱と柱をそのままつなげず、少し床をせり出す(赤い矢印)ことで眺望の魅力を引き立たせようとしているのがわかります。

詳しくは、こちらの記事で。

同様の工夫は、「アーバンドッグ パークシティ豊洲」でも。こちらの記事はPVが大変多い一つになっています。

都心マンションの秀逸な間取りが満載【住み替え、リフォームの参考にしたいマンションの間取り】


noteおすすめ記事
★★★★★「不動産が持つ3つの特質」さえ理解しておけば、後々役立つかもしれません
★★★★★マンションの価値とそれを定める4つの座標軸
★★★★★これから要注意の間取りは「70m2・3LDK・中住戸」

-PLAN(間取), ニュース, 基礎知識
-

Copyright© Fact Stock(ファクトストック) , 2022 All Rights Reserved.