不動産市況や購入ノウハウをわかりやすく解説するサイト

Fact Stock(ファクトストック)

ニュース 売買代金(投資部門別) 株式投資

投資部門別の売買動向(2023.10.16~10.20)

投稿日:

日本取引所グループ公表の直近(10月16日~10月20日)の投資部門別の売買状況によると、海外投資家が3週ぶりの「売り越し」となりました。

①株式売買代金(委託内訳)の投資主体別比率

海外投資家は前週(70.7%)から0.9%減となりました。

ちなみに、個人は前週(23.9%)から0.9%増の24.8%でした。

引き続き動向を注視していきたいと思います。

②株式売買代金(委託内訳)

 法 人  個 人 海外投資家 証券会社
売 り838,9724,092,03812,003,24267,925
買 い883,2654,415,67211,926,63081,193
(単位:百万円)

③投資主体別 個人&海外投資家の売買動向

・個人では、買い越し額が3,236.34億円。2週ぶりの「買い越し」です。

・海外投資家は、売り越し額が766.11億円。3週ぶりの「売り越し」です。


【note 売上本数 BEST 5】
1.これから要注意の間取りは「70m2・3LDK・中住戸」
2.「不動産が持つ3つの特質」さえ理解しておけば、後々役立つかもしれません
3.マイホームで【大損する人】6つの傾向
4.日銀の金融政策「YCC運用見直し」が不動産価格相場を下押しすると推察する理由           
5.マンションの価値とそれを定める4つの座標軸


【良い間取りを研究したい方へ】
「都心に住むby suumo」(リクルートホールディングス)
連載『間取りに恋して』(2012年3月~2018年8月)再編集
住み替え、リフォームの参考にしたいマンションの間取り



-ニュース, 売買代金(投資部門別), 株式投資

Copyright© Fact Stock(ファクトストック) , 2023 All Rights Reserved.