不動産市況をわかりやすく解説[旧サイト名:注目マンション]

Fact Stock(ファクトストック)

ニュース 城西エリア 都心3区

三井不レジ「港区三田」再開発 約1,450戸

投稿日:

「麻布十番」駅1分、約2.5ha複合開発

建物外観完成予想CG

本日(2020年9月18日)、三井不動産レジデンシャルは2件の再開発プロジェクトを発表。

1件目は、地下鉄南北線他「麻布十番」駅と「パークコート麻布十番 ザ タワー」の間に位置する、「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」である。

約2.5haの敷地に、超高層含む3棟(44階建て・29階建て他)約1,450戸の共同住宅(マンション)に、オフィスや店舗が入居する建物、公園などを一体開発する。

「区画道路」整備により防災強化を図る

現地は、区画の小さな老朽化した建物や幅員の狭い道、区域の西側を流れる古川の浸水リスク、古川と高架(首都高)により麻布十番エリアとの分断等が課題であった。再開発で街区の再編区画道路の整備小山橋の架け替え親水広場や公園の整備により、隣接地域を含めた回遊性の高い街づくりと防災強化の実現を図る。

経緯と今後のスケジュール
・1994年7月「三田小山町第3・5地区市街地再開発事業準備組合」設立
・2016年6月 都市計画決定
・2020年9月9日 都が「三田小山町西地区市街地再開発組合」設立認可
・2023年6月 工事着工予定
・2027年 竣工予定

開発事業者は、三井不動産レジデンシャル、日鉄興和不動産、三菱地所レジデンス、首都圏不燃公社。

「中野駅前」約2.0ha、マンション約720戸

2件目は、JR総武・中央線他「中野」駅西側、「中野セントラルパーク」とJR線の間に位置する「囲町東地区第一種市街地再開発事業」である。

所在地は中野区中野4丁目、区域面積は約4.0ha、延床面積は約121,100m2、主な用途は住宅(分譲予定 約720戸)、オフィス、商業施設。今後の予定は2021年度本体着工予定、2024年度竣工予定。

都心または主要駅前の高度利用は、まだまだ継続しそうだ。

【参考サイト】
東京都都市整備局「都市づくりのグランドデザイン」

-ニュース, 城西エリア, 都心3区
-

Copyright© Fact Stock(ファクトストック) , 2020 All Rights Reserved.