中古マンション 市況 神奈川県

神奈川県地区別「リーマンショック」時の下落幅

投稿日:

緊急事態宣言の延長が決定し、新型コロナウイルスによるダメージの大きさは未だ計り知れない。どこまで市場に影響を及ぼすか、変化を読み取るために昨日まで東京都、埼玉県、千葉県と過去の2大不況をデータベースで振り返ってきた。本日は神奈川県の2008-2009年を取り上げる。

 下表は、東日本不動産流通機構発表の中古マンション市場動向より、神奈川県地区別「成約単価」と「在庫件数」の前年同月比ワースト記録3つを並べたものである。

2008-2009成約単価前年比在庫件数前年比
横浜市ワースト1-8.338.1
横浜市ワースト2-8.037.3
横浜市ワースト3-7.736.3
川崎市ワースト1-12.642.1
川崎市ワースト2-11.840.3
川崎市ワースト3-10.938.5
相模原市ワースト1-15.85.4
相模原市ワースト2-8.04.3
相模原市ワースト3-6.23.6
県央地区ワースト1-15.323.4
県央地区ワースト2-14.820.4
県央地区ワースト3-13.020.4
湘南地区ワースト1-18.523.4
湘南地区ワースト2-9.821.7
湘南地区ワースト3-9.618.1
※県央地区は、相模原市を含む。
※相模原市においては、2009年4月~(8か月)のデータに基づく。

成約単価を下落幅順に並べると、

湘南地区:-10~19%
相模原市:-6~-16%
県央地区:-13~-15%
川崎市:-11~-13%
横浜市:-8%前後

1都3県において、横浜市の下落率は一番低く相場への影響が小さかった。

続いて、在庫件数を見てみる。

川崎市:+39~+42%
横浜市:+36~+38%
県央地区:+20~+23%
湘南地区:+18~+23%
相模原市:+4~+5%

在庫件数の増加率が、川崎市+39~+42%、横浜市+36~+38%と他の3地区(+4~+23%)を大きく上回っているにも関わらず、相場下落はそこまで影響が及ばなかった。

神奈川県地区別2008_2009データ
神奈川県地区別2008_2009データ

-中古マンション, 市況, 神奈川県
-,

Copyright© Fact Stock(旧:プロ厳選 注目マンション) , 2020 All Rights Reserved.