不動産市況をわかりやすく解説[旧サイト名:注目マンション]

Fact Stock(ファクトストック)

中古マンション 市況 神奈川県

神奈川県地区別「東日本大震災」時の下落幅

投稿日:

地区別ワースト3

昨日に続き、今日は「東日本大震災時における神奈川県地区別中古マンション市況」を振り返る。下表は2011年~2012年における「成約単価前年同月比」「在庫件数前年同月比」ワースト3(データ出典:東日本不動産流通機構)。

2011-2012成約単価前年比在庫件数前年比
横浜市ワースト1-7.732.6
横浜市ワースト2-7.131.1
横浜市ワースト3-5.630.5
川崎市ワースト1-10.647.3
川崎市ワースト2-7.844.5
川崎市ワースト3-6.343.7
相模原市ワースト1-24.218.9
相模原市ワースト2-15.515.6
相模原市ワースト3-7.715.0
県央地区ワースト1-21.613.8
県央地区ワースト2-20.313.3
県央地区ワースト3-16.112.8
湘南地区ワースト1-11.830.5
湘南地区ワースト2-8.828.8
湘南地区ワースト3-7.728.5

相場に最も影響を受けた「相模原市」

単価下落の大きかった順に、

相模原市:-8~-24%
県央地区:-16~-22%
湘南地区:-8~-12%
川崎市:-6~11%
横浜市:-6~-8%

在庫増加率は川崎市が最も高かった(44~47%増)

神奈川県地区別2011_2012データ
神奈川県地区別2011_2012データ

リーマンショック時との違い

リーマンショック時は、

湘南地区:-10~-19%
相模原市:-6~-16%
県央地区:-13~-15%
川崎市:-11~-13%
横浜市:-8%前後

ちなみに、リーマンショック時と東日本大震災時の落ち込みを地区別で比べると

横浜市:リーマンショック時≧東日本大震災時
川崎市:リーマンショック時>東日本大震災時
相模原市:リーマンショック時≦東日本大震災時
県央地区:リーマンショック時<東日本大震災時
湘南地区:リーマンショック時≧東日本大震災時

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県で
「リーマンショック時のほうが成約単価の下落が大きかった(又は同等)」
地区は、以下の通り。

都心3区:リーマンショック時>東日本大震災時
城東地区:リーマンショック時>東日本大震災時
城南地区:リーマンショック時>東日本大震災時
城北地区:リーマンショック時>東日本大震災時
多摩地区:リーマンショック時≧東日本大震災時
さいたま市:リーマンショック時>東日本大震災時
中央地区:リーマンショック時>東日本大震災時
常磐地区:リーマンショック時≧東日本大震災時
横浜市:リーマンショック時≧東日本大震災時
川崎市:リーマンショック時>東日本大震災時
湘南地区:リーマンショック時≧東日本大震災時

「東日本大震災時のほうが成約単価の下落が大きかった(又は同等)」地区は、以下の通り。

西部地区:リーマンショック時≦東日本大震災時
東部地区:リーマンショック時≦東日本大震災時
総武地区:リーマンショック時<東日本大震災時
千葉市:リーマンショック時≦東日本大震災時
相模原市:リーマンショック時≦東日本大震災時
県央地区:リーマンショック時<東日本大震災時

いずれも同程度だった地区は、以下の通り。

城西地区:リーマンショック時≒東日本大震災時

-中古マンション, 市況, 神奈川県
-,

Copyright© Fact Stock(ファクトストック) , 2020 All Rights Reserved.