ニュース 城北エリア 市況 物件

2019年ヒット商品①パークコート文京小石川 ザ タワー

投稿日:

マーケットは依然「二極化」

先週公開の「新築マンションデータの見方」記事に2019年10月の初月契約率は、「これまでに見たことのない低さ~42.6%~だったと書いた。だが、これはマーケットの実態を正確にあらわしているとは言えないよう。昨年12月と同様の裏事情があると聞いた。

これだけは知っておきたい「マンションデータの見方」新築編

そこで、(端的に言えば「二極化」なのだが)好調な物件情報を挙げていくことで市場の一端をお伝えできればと思う。「売れている物件はしっかり売れている」ことを知らしめつつ、マンション相場が今後どのように変動するのか、イメージするのに役立ててもらえれば幸いである。

まずは、都心「文京区」の駅前タワーから。

①「パークコート文京小石川 ザ タワー」全571戸(販売総戸数384戸)

HP公開日(または月):20180803
集客開始日:20181215
完売日(残1可):再登録(11/29・30)で完売予定※
総反響数:約10000件
総来場数:約2500件
顧客属性:①会社員②医師③会社役員④経営者
分譲平均坪単価:@580万円
分譲価格(最低・最高):6480万円~3億6800万円

※再登録は30日締め切り。「全部入る予定」(事業主関係者)

上記データ提供「三井不動産レジデンシャル」

販売期間と顧客属性に注目

今年、かなり話題に上がったマンションである。山手線の内側、駅徒歩1分(直結)、超高層、大規模(500戸超)、大手分譲、スーパーゼネコン(清水建設)と近年の人気キーワードをほぼ含んでいると言っていい。が、その割には値段の設定が魅力的だ、と。

市場の反応も最後までその通りとなり、集客開始から1年経たずに完売(になる見込み)。属性の二番目「医師」に注目。理由は下記記事内に記載。

タワーマンションを検討するとき、私ならここを見る

キャンセル住戸の再登録(3戸のみ)を11月29,30日に行う予定。

販売価格:1億3900万円・1億4170万円・1億4220万円
間取り:3LDK(3戸)
専有面積:79.29㎡(2戸)・81.70㎡(1戸)

-ニュース, 城北エリア, 市況, 物件
-,

Copyright© 【プロ厳選】注目のマンション 2020 , 2019 All Rights Reserved.