不動産市況や購入ノウハウをわかりやすく解説するサイト

Fact Stock(ファクトストック)

中古マンション 市況 神奈川県

神奈川県 湘南地区 中古マンション市場動向(2020年11月度)

投稿日:

2020年11月度、神奈川県「湘南地区」の中古マンション市場動向をレポートする。東日本不動産流通機構発表の「成約件数」「成約単価」「在庫件数」の推移より、マーケットの動向を分析してみたい。

マーケットはどのように変化しているのだろうか。

[st_toc}

成約件数は、前年同月比 +48.7%

下のグラフは、中古マンション成約件数の推移をあらわしたものである。見やすさを考慮し、神奈川県は折れ線グラフで示している。

11月度のデータは、
・神奈川県:942件(10月:906件、9月:817件、8月:772件、7月: 727件、6月: 748件、5月: 407件、4月:390件)
・湘南地区:116件(10月:112件、9月:115件、8月:114件、7月: 105件、6月: 111件、5月: 55件、4月:55件) となり、

これは昨年同月比で、
・神奈川県:+28.2%(10月:+40.0%、9月:-4.8%、8月:+25.7%、7月:-7.2%、6月:-15.2%、5月:-40.2%、4月: -52.1%)
・湘南地区:+48.7%(10月:+28.7%、9月:-4.2%、8月:+42.5%、7月:+15.4%、6月:-11.2%、5月:-36.8%、4月: -44.4%

前月(10月)に続き昨年同月を大幅に上回った。ちなみに首都圏は +14.0%(10月は、+31.2%)である。首都圏の都県別では、神奈川県が2か月連続でもっとも上昇率が大きかった。

成約単価は、前年同月比 -17.1%

下のグラフは、中古マンション成約単価の推移をあらわしたものである。

11月度のデータは、
・神奈川県:44.80万円/m2
・湘南地区:33.10万円/m2 となり、

これは昨年同月比では、
・神奈川県:+1.5%
・湘南地区:-17.1%

湘南地区においては、前年比を下回るのは2か月連続。

在庫件数は、前年同月比 -26.8%

下のグラフは、中古マンション在庫件数の推移をあらわしたものである。見やすさを考慮し、神奈川県は折れ線グラフで示している。2つのトレンドは、ほぼ同じような動きをしている様子が見て取れる。しかし、この半年間は湘南地区の減少が著しい。

11月度のデータは、
・神奈川県:9,495件
・湘南地区:1,064件(11か月連続で減少) となり、

これは昨年同月比では、
・神奈川県:-18.0%
・湘南地区:-26.8%(11か月連続マイナス)

湘南地区において、昨年同月比が3か月連続(10月:-22.5%、9月:-20.3%)で20%超の減少となった。11月の在庫件数は、2010年1月以降最も低い数値である。コロナウイルスによる影響は、当初懸念されていた在庫数の増加でなく、減少であるようだ。

下のグラフは、上記の湘南地区中古マンション成約単価と在庫件数の推移をあわせたもの。引き続き、在庫件数と成約単価をチェックしていきたい。

次回は、埼玉県 さいたま市をレポートする。

参考サイト
神奈川県 湘南地区 中古マンション築年数(2020年2月度)
神奈川県 湘南地区 中古マンション市場動向(2020年3月度)
神奈川県 湘南地区 中古マンション市場動向(2020年4月度)
神奈川県 湘南地区 中古マンション市場動向(2020年7月度)
神奈川県 湘南地区 中古マンション市場動向(2020年8月度)
神奈川県 湘南地区 中古マンション市場動向(2020年9月度)
神奈川県 湘南地区 中古マンション市場動向(2020年10月度)


【note 売上本数 BEST 5】
1.これから要注意の間取りは「70m2・3LDK・中住戸」
2.「不動産が持つ3つの特質」さえ理解しておけば、後々役立つかもしれません
3.マイホームで【大損する人】6つの傾向
4.日銀の金融政策「YCC運用見直し」が不動産価格相場を下押しすると推察する理由           
5.マンションの価値とそれを定める4つの座標軸


【良い間取りを研究したい方へ】
「都心に住むby suumo」(リクルートホールディングス)
連載『間取りに恋して』(2012年3月~2018年8月)再編集
住み替え、リフォームの参考にしたいマンションの間取り



-中古マンション, 市況, 神奈川県
-

Copyright© Fact Stock(ファクトストック) , 2023 All Rights Reserved.