基礎知識

モデルルームの見方【番外編】+3

更新日:

 昨日公開した「モデルルームでチェックすべき7つのこと」は非常に多くの方に閲覧いただきました。少しでも、ご参考になれば良いのですが。

 ところで分譲マンションのモデルルームというのは面白いもので、ある一定の期間しか使用されないにも関わらず、結構な手間がかかっています。インテリアデザイナーがかける時間やどのような空間に仕上げるかを事業主と協議する時間、これは本当に大変な手間を要しています。想定顧客は「どんな人」で、その人の購入意欲を掻き立てるには「どんな空間が望ましいか?」マンションのイメージを具現化する意味もあり、緊張感があります。

 マイホームを購入する人の中には、モデルルームが気に入ってしまい「まったく同じコーディネートにして暮らしてみたい」という方もいるようです。実際にご自宅を拝見したデベロッパーの社員が「本当にそのまんまで驚いた」と言っていたのを聞いたことがあります。もちろん、嬉しかったでしょう。言い方を変えれば、「立地の見立て」と「顧客への提案」がはまったということですから。「開発コンセプトは間違っていなかった」。デベロッパー冥利に尽きるのではないでしょうか。

「パークコート六本木ヒルトップ」(2012年8月竣工後撮影)
「パークコート六本木ヒルトップ」(2012年8月竣工後撮影)
本文とは関係ありません。

 モデルルームのこういう所を見る。番外編として3つ書き足したいと思います。どちらかと言えば、高額物件よりの話になります。

次のページへ >

-基礎知識
-

Copyright© 【プロ厳選】注目のマンション 2020 , 2020 All Rights Reserved.